CASBEE

「COMPREHENSIVE ASSESSMENT SYSTEM FOR BUILT ENVIRONMENT EFFICIENCY」 の略語。

建築環境総合性能評価システム。
建築物の環境性能で評価し格付けする手法である。
省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するシステムです。

2001年4月に国土交通省住宅局の支援のもと産官学共同プロジェクトとして、建築物の総合的環境評価研究委員会を設立し、以降継続的に開発とメンテナンスを行っています。

(特徴)
建築物の環境に対する様々な側面を客観的に評価するという目的から、3つの理念に基づいて開発されている。
① 建築物のライフサイクルを通じた評価ができること。
② 「建築物の環境品質(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること。
③ 「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率、BUILT ENVIRONMENT EFFICIENCY)」で評価すること。

(評価結果)
5段階のランキングが与えられます。
① Sランク (素晴らしい)
② Aランク (大変良い)
③ B+ランク (良い)
④ B-ランク (やや劣る)
⑤ Cランク (劣る)

(建築環境省エネルギー機構ホームページを参考)

お役立ち情報