HOME>お役立ち情報>物流用語>か行>クロスドックシステム

クロスドックシステム

入荷した商品を保管することなく出荷する仕組み。
小売のTCのような仕分け機能を意味します。
クロスドッキングは、アメリカの食品業界のサプライチェーンマネジメントを検討したECRなどで紹介され、日本でも有名になった仕組みの1つです。
クロスドッキングは、TCのみならず、DCのような在庫拠点でも展開される例があります。
在庫拠点への適用例は、そのほとんどが当日入荷商品をそのままダイレクトに出荷しようというものです。
たとえば、商品在庫の引き当てを物流に輸送中の商品も対象とすることで、物流拠点の在庫回転率が向上すると同時に、格納業務なども削減されます。

お役立ち情報