国際戦略港湾 [こくさいせんりゃくこうわん]

国際競争力の強化をはかることを目的として、日本の港湾で最上位にランクされた港。

大規模ハブ港を、選択と集中によって国内に実現するため、2011年4月1日施行されました。
(港湾法)特定外貿埠頭の運営に関する法律の一部改正によって国が指定し今後大規模整備を行う。
アジア各国に対抗し、東アジアの国際物流拠点となるハブ港を実現するもの。
国家戦略として重点整備を行う大規模港湾のこと。

● 選定港(国際コンテナ戦略港湾)
   阪神港(神戸港、大阪港)
  京浜港(東京港、川崎港、横浜港)

(平成22年8月6日 国土交通省 発表)

お役立ち情報