HOME>お役立ち情報>物流用語>た行>トータルピッキング

トータルピッキング [とーたるぴっきんぐ]

種まき方式。
ピッキングの効率化から考え出されたピッキング方法の一種で、「マルチピッキング」とも呼ばれます。
一度、全ての必要商品・物品をピッキングし、荷捌き場に仮置きしてから、出荷先別に仕分ける方法です。
少ない納品先に、少ない品数を大量出荷する場合に利用されます。

(メリット)
・ まとめて商品を取りに行くため、作業者は何度も商品を取りに行くことはなく、移動距離と移動時間が短縮されます。

(デメリット)
・ 荷捌きをするスペースが必要となります。
・ 仕分け状況が把握しづらく、商品・物品の追加に対応しづらい面がある。
お役立ち情報