ニュースリリース

企業情報 2009年06月19日

ドイツ日新 AEO取得について

 

 (株)日新(本社:横浜)のドイツ現地法人、ドイツ日新(Nissin Transport GmbH, NTG)はこのほど、6月17日付にてドイツでのAEO認可事業者の資格を取得した。日新グループのAEO資格取得は世界で初めてとなる。

 AEOはセキュリティ管理がなされており、コンプライアンス体制が整っている企業を認定して、税関手続きの簡素化・優遇措置を行う制度。
今回NTGが取得したAEO資格はAEO-Fと言われるもので、通関手続きの簡素化措置を受けるAEO-CとEU域内への物品の輸出入におけるセキュリティ・コントロールの円滑化による優遇措置を受けるAEO-Sの両方の措置をうけるものである。
ドイツ日新は新EU関税法改正に向けて、昨年よりAEO認証取得に向けて社内プロジェクトを発足させ準備を進めてきた。

 1999年にISO9001、ISO14001の認証を取得し更新を続けており、今回のAEO資格取得についても比較的簡単に社内体制を構築することが出来、スムーズにAEO資格を取得することができた。
今回のAEO-Fの資格取得により、(1)簡易申告制度・ローカル通関等の適用のための検査の省略、(2)物品の物理的検査が実施される際の事前通知、(3)簡略化された輸出(輸入)申告書、(4)AEO資格を有しない事業者と比べて少ない物理的検査・提出資料、といった優遇措置を受けることが出来る。これらの優遇措置を受けることにより、(1)簡素かつ迅速な通関手続き、(2)申告すべきデータの少量化、(3)サプライチェーン・セキュリティに関する内部管理体制の改善、(4)テロ・物流事故発生の未然防止、といったメリットを期待することが出来る。

 欧州の日新グループでは、顧客に効率的なサプライチェーンを提供するためにもAEO取得を進めていく予定であり、英国等の他の現地法人においても随時資格取得準備を進めているところである。

 更に、今後は、(株)日新の日本版AEO取得により、日本―EUの相互認証によるメリットの享受も期待できる。

以  上

 

ニュースリリース