HOME>採用情報>社員インタビュー>通関部 横浜事業所 横浜通関課 E. S.

適正かつ迅速な通関を

通関部 横浜事業所 横浜通関課 E. S.

2009年入社
趣味・特技:マラソン、焼き物めぐり

仕事内容について教えて下さい

私は現在通関部横浜通関課に所属し、申告書の作成業務を行っています。品物を国内外に輸出または輸入するときには税関に対して品名、種類、数量、価格等を申告し、必要な検査を経て(輸入の場合は関税を払って)、税関に輸出または輸入の許可を得なければなりません。この一連の手続きをお客様に代わって行っています。申告では深い商品知識と正確な法令理解をもとに、お客様のニーズに沿って適正かつ迅速に業務を行うことが求められています。
横浜通関課では、さらに輸出と輸入の二つのチームに分かれており、私は輸出を担当しています。輸出は、船が出発するまでに当然貨物を船に積載しなければなりません。なので、そこから逆算して輸出の許可を得なければならないリミットが決まってきます。(もしそのリミットを過ぎてしまった場合、別の船のスペースを再度取得する必要があり、お客様に多大なご迷惑をおかけする事になります。)このように輸出は時間との勝負であるとも言え、貨物を的確に把握することはもとより、”すばやく”貨物を把握し申告書を作成する力が必要となってくる仕事です。日新で扱っている貨物は多岐に渡るので、あらゆるモノに対しての知識が必要となってきます。その中で、私は現在繊維製品や化学品を中心に、中古の車や建機、鋼材や機械のパーツ等を担当しています。申告はインターネットを介して行っているので基本デスクワークですが、急な検査の時は現場に行き自分で立ち会ったり、重要案件の場合は税関に直接交渉しに行ったりするなど外出をすることもあります。
 

一番達成感を感じた仕事は?

減免税等の複雑な法律知識が必要となる案件をこなせるようになった事です。貨物によっては本来お客様が払う必要のある「関税・消費税等」を減らす、又は払わなくてもよくなる制度を活用できる場合があります。しかしながらこれらの制度を活用するには、複雑な関係書類の作成、及び税関との交渉が必要となり、従って私達の正確な法律理解が必須となってきます。まだまだ未熟ではありますが、営業担当者からの相談→関係書類の作成・準備→税関への交渉まで一人で出来るようになりました。全ての仕事に共通しているとは思いますが、出来なかったことが出来るようになった時は本当に嬉しくなりますし、もっと成長できるように頑張ろうと思えます。

 

大変だったこと・失敗談を教えて下さい

通関課に配属になって間もない頃、現物検査を行った案件で申告外の物品が見つかったことがありました。申告外の物品が入っていた要因としては、梱包業者が貨物をまとめる際、国内配送用の物品を誤って輸出用として梱包してしまったという事だったのですが、そうなった場合、どうしてそうなったのか税関に経緯を報告したり、営業や顧客には検査の状況を説明し貨物をどうするのか、申告をどうしたいのか等、関係各署と連絡を密に取り、きちんと筋道を立てて処理していかなければ早期に事態を収拾することはできません。ですが、その筋道の立て方が一人では不十分だった為、結局先輩社員やリーダーの助けを借りて解決することができました。通関課はただ申告書を作成して申告すればいいというわけではなく、イレギュラーな事態が起こった場合、全体を見渡し最適な着地点を把握し、オペレートする力が無ければ一人前とは言えないということを痛感しました。

 

今後の目標・将来の夢は?

現在担当している輸出だけでなく輸入の知識、通関だけでなく物流に関わる全ての知識を持った物流のプロになる事が将来の目標です。延いては営業担当として、顧客の新規案件やプロジェクト案件を一から構築・提案出来るような人材になりたいです。
その為に、まずは現在所属している「通関」の知識・業務を確実なものとすべく「通関士」資格取得が近々の目標です。

 

入社の決め手とは?

就職活動を始めるにあたってどういう会社で働きたいかを考えたとき、大学時代に古代東アジア世界の貿易について研究していたことから、貿易関係の仕事に興味を持ちました。
調べていく中で物流業界という分野があることを知り、物流というのは「モノ」の価値を作り出していくとても重要な役割を担っているという点に特に魅力を感じこの業界で働きたいと思いました。
日新を知るきっかけになったのは、どこに書いてあったかは忘れてしまいましたが、中国物流に強いと書いてあったのを見ておもしろそうだなと感じたからです。
最終的な決め手は、日新の温かい人柄に惹かれたからです。面接の前後には色々話かけてくれ、とても勇気づけられました。自分がこの先ずっと会社で働いていくと考えたとき、こういう温かさがある会社だったら働きやすいだろうなと思い入社を決めました。
 

こんな新入社員が求められる!

何事にも粘り強く「最後までやり通す意志」のある方です。
法律に精通していたり、語学に堪能であったり、入社当時からこの様なスキルをお持ちの方はもちろん大歓迎ですが、それよりもなにより「困難にぶち当たった時」、諦めずに最後までやり通すという強い意志のある方が求められていると思います。私たち社員も、なにも既に持っている知識だけで日々の仕事をしているわけではありません。常に困難、新しい課題に直面しています。そんな時に「どうすれば解決できるか」「何が必要か」を常に考え、また必要であれば新しいスキルを自ら学び、問題を解決しています。必要なのは、今現時点のスキルよりも未知数の困難を乗り越える力です。そういった意味で「最後までやり通す意志」のある方を日新は求めていると感じます。
 

就職活動を迎える学生へのメッセージ

まずは自分がやりたい事、自分がどういった人間なのかを把握してみてください。明確にとは言いませんが、自分のこれまでを振り返り考察する滅多にない機会にもなります。そして次に、企業研究の為出来るだけ多くのツールを使い調べてみてください。仕事の内容ももちろん把握すべき対象の一つですが、会社の雰囲気も重要な要素の一つと言えます。実際同じ業界でも一社一社全く違う雰囲気を持っているものです。OB訪問、会社説明会等に出来るだけ多く参加し、会社の雰囲気を肌で感じ取ってみてはいかがでしょうか。入社後「この会社に就職してよかった」と思えるよう、全力で就職活動を行ってください!

 

採用情報