HOME>採用情報>社員インタビュー>神戸支店 倉庫第二課 K-DIC営業所 S. T.

安全かつ正確に日々の業務を遂行

神戸支店 倉庫第二課 K-DIC営業所 S. T.

2010年入社
趣味・特技:バレーボール、映画、読書

仕事内容について教えて下さい

主に輸入業務を行っています。
現在の職場は食品の原料をメインに保管及び出庫を行っている5階建ての倉庫であり、日々コンテナから貨物を出す作業(デバン作業)、トラックへの積み込み作業が行われている現場です。その中で作業の手配、作業員への指示、貨物の管理、倉庫の管理をしています。
 

一番達成感を感じた仕事は?

毎日の業務を安全で且つ正確に行うことがやりがいです。
日々入出庫が行われており、めまぐるしく動いている現場なので、事故が無い安全作業を行う事と誤出荷や誤入力が無いように、正確な業務を行い1日を終わらせることが大切なことです。1日を終え、「今日も無事に業務を完了させることができた」と思える日々の中にやりがいを感じています。
また、人に指示をする職場なので、責任を持って指示を行い、仕事が上手く回り指示を受けた人間が気持ち良く業務を行えたことがわかった時は、改めて責任感とやりがいを感じることができます。
 

大変だったこと・失敗談を教えて下さい

1日で倉庫内の400坪のスペースを空けなければならないことがありました。土曜日を使い、朝から晩まで作業員と共に試行錯誤しながら作業を行ったことは、とても大変だったという記憶があります。
しかし、貨物を置く場所を考える中で、貨物の種類や動静を再度確認することがあり、現状どういう動きをしながら日々貨物が入出庫しているのかを細かく調べることができました。
その経験によって今までの視点とは違う角度から貨物を見ることができるようになり、倉繰り(貨物の配置場所を決めること)がスムーズにできるようになったり、営業や荷主と話す際も現場から見た視点を今までよりもわかりやすく説明できるようになりました。
苦労や失敗をすることで、新たに自分の力を身につけることができることを知りました。
 

今後の目標・将来の夢は?

現在、所属している職場は「保税蔵置所」と言い、保税と大きく関わっている職場です。
保税制度はとても奥が深く難しいものです。まだまだ保税制度に関しては勉強不足なところがあり、学ばなければいけないことが沢山あります。現状の業務に満足せず、さらに知識を増やし、どんな場面にも対応ができる現場事務員になりたいと思っています。
また、私の今の目標として海外の現場を経験したい気持ちは強いです。日本と比べて何が良く、何が悪いのかをしっかりと学び、今後の自分の糧になる仕事をしてみたいです。
 

入社の決め手とは?

正直に言いますと私は就職難民でした。
春に一度全敗し、新たに夏の活動を始めた際に日新に出会いました。人事部の方の温かさや先輩社員との会話を経て、日新という会社にとても興味を持ちました。
また日本だけでなく、世界と繋がっていることにも興味があり、選考を経て入社しました。
 

こんな新入社員が求められる!

しっかりと挨拶ができる人。
とても簡単なことかもしれませんし、どの人に聞いても出てくる内容かと思います。小さなことかもしれませんが、「一時の恥よりも大きな声でしっかりとした挨拶をする」これが今後色々な人と関わっていく中で、大変重要な行動になってきます。第一印象である挨拶がしっかりとできていると、その後の人間関係を上手く構築していくことができると思います。初めての人、初めての職場でがっちりと心を掴むことが出来るのは最初の挨拶だと思います。
 

就職活動を迎える学生へのメッセージ

まず、こんな私の文書を最後まで読んでくださってありがとうございます。

就職活動は様々な企業をたくさん見て、知ることができるとても良い機会だと思います。期間は短いですが様々な会社を受験することによって、新たな自分を発見できます。その中でどの会社と自分自身が合うのかを考え、決めていくことが大事だと思います。焦らず、ありのままの自分自身を表現することを恥ずかしがらず、積極的にアピールすることをお勧めします。より良い就職活動ができればと思います。頑張ってください!

 
採用情報