HOME>採用情報>社員インタビュー>大阪営業第一部 営業第三課 T. K.

ダイナミックな世界を舞台に

大阪営業第一部 営業第三課 T. K.

2010年入社
趣味・特技:キャンプ、素潜り、野球、落語、ジャズ、おいしいご飯を食べる

仕事内容について教えて下さい

私の所属する大阪営業第一部営業第三課は、アパレル・自動車部品・産業資材を中心とした商材の海上輸出入を扱っている部署です。その中で私は、通常の輸出入業務、及び新規顧客開拓の営業担当をしています。
【具体的仕事内容】
既存のお客様であれば、新規輸送の引き合いを受け、見積作成から始まります。見積は自分一人では作ることができず、海外・日本の輸出入費用や港からの陸送費用等を各所に問い合わせをし、お客様に提案します。そこから詳細の打ち合わせを行い、受注に至れば業務担当者と連携しオペレーションを行います。順調に進めばよいのですが、天候や政情の変化によって急に物流が止まりお客様の納期に影響が出てしまうこともあります。そんな時は、代替ルートやその費用を確認し、お客様と納期調整を行うことも営業の役割の一つです。
新規営業においては、当社の強みを活かしたサービスを必要としていただけそうなお客様に対して、電話や訪問営業を重ねることから始まります。実際、担当者様にお会いできるまでに時間がかかることがほとんどです。だからこそ、お会いできたお客様に対して、そのニーズや将来的なビジョンを聞き出し、当社のサービスを誠意をもって紹介していきます。
 

一番達成感を感じた仕事は?

お客様から任された仕事を最後まで見届けた時です。
普段付き合いのあるお客様からはもちろんのことですが、新規のお客様にサービスを提供できた時の喜びと充実感は格別でした。あるメーカー様に新規営業を行い、約一年間かけて初めて韓国からの輸入作業をご依頼いただきました。初回から悪天候で本船が遅延したり、直前で書類不備があったりとトラブルが続きましたが、現地スタッフとコンタクトし現場に足を運びながら、何とか納品までの作業を見届けることができました。初めて電話をする時の緊張感、「仕事を任せる」と言われた時の高揚感、トラブル対処中の焦燥感、様々な場面を仕事が無事完了した後に一人思い出していたことをよく覚えています。

 

大変だったこと・失敗談を教えて下さい

「身辺は単純に」
以前、大きな案件の見積依頼を受けた時の話です。先輩とも熟考し期日に提出したのですが、お客様から電話を受け、「前提条件が違う」と一言。見当違いの見積を提出していたのです。その日はちょうど繁忙日で、先輩や上司に頼ることはできません。また一から各所に問い合わせをする時間はなく、実績から情報をかき集めるしかありませんでした。しかし、必要情報がどこにあるのか分からず、期日を一日過ぎての提出となりました。日々の忙しさを理由に情報整理が疎かになり、必要情報へのアクセスに無駄な時間がかかってしまいました。結果、お客様に迷惑をかけてしまいました。それからは情報管理の重要性を痛感し、自分だけでなくみんなでシェアできる情報管理も仕事の一つとして心掛けるようになりました。
 

今後の目標・将来の夢は?

仕事のフィールドを海外へ広げていくことです。
お客様との商談中、海外を舞台とした商流や物流の話題が以前に増して多くなっています。海外経験の多い上司や先輩に比べると、周囲に提供できる情報量が少なく、いつももどかしく思ってしまいます。
お客様のニーズに応える為にも、新たな物流スキームの開拓の為にも、よりダイナミックな人・物・お金の流れを肌で感じることができる海外で仕事をしてみたいと考えるようになりました。
今はその目標に向けて、これまでとは違う視点でも仕事に取り組み、情報収集やスキルアップを目指すことが、私のモチベーションになっています。

 

入社の決め手とは?

「大きなフィールドで、自分らしく働ける会社」
高校や大学での海外異文化交流経験から、海外と日本の橋渡しができるような仕事がしたいと考えて就職活動をスタートしました。その中でも日新は世界に多くの拠点を持っており、自分の目標に向かって挑戦できると感じました。また、一番自然体で選考に臨むことができたと感じています。こちらの緊張感を理解しながら気さくに話を進めてくれて、素直に自分の思いを伝えることができました。
急に「理想の自分」に変わることは難しいですが、理想を思い描く「今の自分」もまた自分です。そんな自分を受け入れてくれ、懐の深さを感じたことを覚えていますし、入社してみてその印象は間違っていなかったなと思います。
 

こんな新入社員が求められる!

「あいさつや感謝の気持ちを素直に言える」
ごく当たり前のことですが、この当たり前のことができずに大きな成果を残す人はほとんどいないと思います。コミュニケーションの基本ができる人の周りには、自然と人と情報が集まりチャンスが増えます。お客様を訪問した際も、通りすがりの私にもあいさつをしてくれる会社は、活気と礼節がありとても魅力的です。小さなことが自分や会社の価値を上げることになります。
 
 

就職活動を迎える学生へのメッセージ

「先入観を捨てて、素直に物事に向き合うチャンス」
就職活動を始めると、様々な情報が飛び込んできます。情報に一喜一憂し、それらに流されてしまうと自分を見失いがちです。すでにやりたいことが決まっている人は、その想いをどのフィールドで実現していくか、まだわからない人は、これまでの自分を振り返り、どんな時どの瞬間に自分が喜び、達成感を得たかをもう一度思い出して、自分と向き合い、自分に合った会社選びにつなげてほしいと思います。私自身、就職活動を進める中で、これまで何を基準に道を決め、それを今どのように感じているかを、自分の言葉でアピールした時、自然と面接官やESに向き合えていた気がします。

 

採用情報