HOME>採用情報>社員インタビュー>インド日新 グルガオン支店 A. T.

ナマステ!インド駐在

インド日新 グルガオン支店 A. T.

2009年入社
趣味・特技:ボリウッド鑑賞、旅行

現在の業務内容

2009年入社後、大阪営業第二部に配属。大阪で3年、東京で1年、主に木材・食品関連の輸出入乙仲業務・営業を担当しました。
2013年4月よりインド日新グルガオン支店に出向。フォワーディングの営業及びカスタマーサービスが私の主な仕事です。日本では海上輸入を主に取り扱っていましたが、当地では航空・海上・鉄道・トラック・倉庫・プラント(設備)・引越等ありとあらゆる問い合わせが来ます。経験のない業務も多くありますが、一つ一つ勉強しながら対応しています。グルガオン支店の主なお客様は自動車関連のメーカー様です。日系のお客様が多く、営業に伺いながら、情報収集・交換を行っています。工業団地を訪れることも多いのですが、インフラが整っていないところも多く、グルガオンから2時間掛けて向かい、帰りはなぜか3~4時間掛かるといったこともしばしばです。
オペレーションは基本的にナショナルスタッフの担当なので、私自身はほとんど行いません。海外では役職も付き、部下もでき、社内ではマネージャーとしてナショナルスタッフと関わることになります。この立場の違いに赴任当初は戸惑いましたが、若手スタッフとは比較的年齢が近く話しやすい、そしてマネージャークラスとはタイトルがある為、ある程度対等に話ができるという利点を生かして、丁度中間点で意見を吸い上げることができる位置にいることを心がけています。
 

海外勤務をしている上でのやりがいは?

幅広い分野の仕事に携わることができるというのは、大変な反面、やりがいに感じます。
入社5年目で赴任し、まだまだ経験不足ではありますが、日本では経験できなかったであろう仕事もこちらでは任せていただけるのは非常に大きなモチベーションになっています。
またインドという過酷な環境で働く仲間意識のようなものがあるのか、はたまた女性駐在員が珍しいのか、営業に行っても真摯に対応してくださるお客様が多いと感じます。私は大学で現地の言葉(ウルドゥー語・ヒンディー語)を勉強していたのですが、インド人のお客様の前で話すと表情も変わって喜んでくれるので、やはりインド駐在にこだわって良かったなと思います。
 

週末の過ごし方は?

週末は家でのんびり過ごすか、ボリウッド映画を観に行くことが多いです。ボリウッド映画は「話の途中で歌&ダンスシーンが入る」ことで有名ですが、なかなか構成もしっかりしていますし、撮影もお金が掛かっていて面白いです。日本ではなかなか見られないので、新作が出るたびに近くの映画館へ行っています。まとまった休みが取れた時には、国内旅行に出かけることもあります。学生の頃に海沿いの大きな街は大体回ったので、内陸の訪れたことのない土地を回ることを目標としています。ちなみにかの有名なタージマハルは日本からの友人や出張者を連れて赴任1年目で3度訪れました。笑
 

学生へのメッセージ

皆さんそれぞれに「こんな仕事がしたい」「こういう場所で働きたい」といったビジョンや希望があると思います。私の場合は「インドで働きたい」でした。
すべての希望が通るわけではありませんが、自分の思いを周りに伝え続け、多くの方にサポートして頂いた結果、念願叶ってインドに赴任となりました。是非これから就職する皆さんは、学生の頃に思っていた希望や想いを持ち続けて欲しいです。またそれを実現する場所が当社であれば本当に嬉しく思います。また海外で働くことは、言葉の問題や治安など不安要素も多いと思います。ただその分、日本ではできない仕事・経験が待っています。派手な仕事ではありませんが、海外や物流に興味のある学生の皆さん、是非当社を志望してみてはいかがでしょうか?
 
採用情報