HOME>採用情報>社員インタビュー>上海高信国際物流有限公司 T. H.

海外という環境

上海高信国際物流有限公司 T. H.

2007年入社
趣味・特技:映画鑑賞、ランニング

現在の業務内容

2007年度入社。成田営業所での2週間の現場研修を終え、東京航空部西東京営業所(新宿)に配属。
その後、2012年3月まで航空貨物の輸出入営業を担当。
2012年4月より上海へ赴任。経験豊富な上司やナショナルスタッフの協力を得ながら、空運部営業経理として、既存のお客様の維持営業や新規営業開拓、海外/国内カスタマーサポート等日々の業務に取り組んでおります。
世界でも有数の航空貨物市場である上海だけあって、多様なビジネス案件が広がっています。その一方で、外資系企業への規制や独特な税関制度、近年では政治的背景による障害等必ずしも貿易における"自由"が尊重されているとは言えない側面も目の当たりにします。その様な環境下、海外の窓口となるここ中国/上海で、如何に正確な情報を入手し、迅速に発信することができるか、その重要性を日々強く感じております。海外において、責任ある立場として様々な経験をさせて貰いながら、人間的にも成長できる機会を頂いており、大変充実した生活を送っております。
 

海外勤務をしている上でのやりがいは?

担当のお客様に特化した日本での営業とは異なり、現在では部門として抱えるお客様全てが対象となります。勿論、お客様対応のみならず、ナショナルスタッフの管理・教育も駐在員としての重要な課題であり、仕事の幅は大きく広がります。それ故、一個人では対処できない問題にぶち当たることも多く、その際に如何に周りの協力を得られるかということが重要な鍵となってきます。その為には、常日頃からスタッフとのコミュニケーションを大切にし、お互いを理解していくことが第1歩となります。文化や習慣、言葉など様々な壁はありますが、それらを乗り越え目標に達することができた時こそ、仕事のやりがいを強く感じられる瞬間だと思います。
 

週末の過ごし方は?

週末は、気持ちを切り替える為に極力体を動かすことを心掛けています。平日は、お客様との付き合いから帰宅が遅くなることも多く、必然的にお酒を飲む機会も増えます。また、日中のお客様訪問においても歩く機会が日本よりも滅法減ってしまった為、意識的に体を動かすことをしなければ徐々に体型が丸味を帯びてきます。休日とは言え、自己管理という面ではしっかりと意識して行動することが重要です。それ以外にも、折角の中国駐在という機会なので語学学習や伝統文化体験等、仕事面とは異なる方面からの中国理解を試みております。
 

学生へのメッセージ

皆さん、様々な基準で就職活動をされていると思います。私も思い返せば、漠然と"海外で働きたい"という気持ちから今の会社と出会いました。
入社後数年は会社人生での基礎固めとなる為、抱いていた仕事へのイメージと異なる環境に少なからずギャップを感じるかもしれません。しかしながら、そうした中でも自分の気持ちを持ち続けることでいつか希望のチャンスに巡り合う事ができます。これからの皆さんの活動の延長線上で、もし日新の扉を叩く事となった際には、是非一緒に仕事をできればと思っております。就職活動が全てではないと思いますが、夢の実現への第一歩として引続き頑張ってください。
採用情報